カラースキーム「Iceberg」のカバー画像・Webデザインを一新しました

2018-08-06

テキストエディター用カラースキーム「Iceberg」のカバー画像とWebページのデザインを一新しました。

Before/After

旧デザイン (2014.01–2018.08)

著名なカラースキーム「Solarized」がクールな公式ページを持っていて、これはいい!負けじと準備したのがはじまりでした。2014年のことです。 (いま見たらSolarizedのページはドメインごと消失している…。最近メンテもされていなかったし、時代の変化を感じますね)

氷山だけでは寂しいということでアザラシやクリオネなどのキャラクターを追加して、自分の得意な方向性で仕上げたのが旧デザインです。当時はInkscapeを使ってデザインしていたのが懐かしい…。

何ともいえない表情のアザラシは今でも好きなのですが、まだデザイン力が乏しかったこともあり、とにかくカラースキームの世界観をうまく表現しているとはいえず「微妙だなー」と感じながらも放置する日々が続いていました。

「おまえ、Iceberg使ってみないか」という佇まいのアザラシ

けっきょく公開当時からほとんど変えることなく、今回のリデザインに至ります。

新デザイン (2018.08–)

まず、ベースの色をカラースキームに合わせて暗青色に設定。空には背景色を、海には行番号の背景色を使用して、ちぐはぐだった色合いを統一しました。

もともとクールな雰囲気を目指したカラースキームなので、それに合わせて世界観も大幅に変更。45°と水平の直線を多用した、シンプルで抽象的なデザインに。

以前から「大きなものの持つ引力」に興味がありまして、ジャンプ率の大きな(文字の大小の変化が大きな)タイポグラフィのポスターなどが大好物です。そんなこんなで、氷山のモチーフにもこの引力を応用してみました。

題字には、この前リリースされたばかりの「BISON」を使用。縦横のグリッドがピシッと決まった、Icebergの世界観にぴったりの書体です。

次の野望へ続く

今回のリデザインは、密かに思い描いている「ある野望」のために実施したもので、まだまだひとつの通過点でしかありません。お披露目できる日を夢みてがんばります…!

書いている人:cocopon

Developer/Designer. Web/iOSなどのフロントエンドを主軸に、UIデザインから開発全般まで手がける。

趣味が高じて、ドット絵やジェネラティブアートが仕事になりつつある。

連載
Vimカッコイイ計画
この記事
カラースキーム「Iceberg」のカバー画像・Webデザインを一新しました