自分が描いたステージが動く!「Pixel Press」は子供の夢を叶えてくれる

2013-05-08

この記事を見て、感動した勢いだけで書いています。 いやーすごい。

「Pixel Press」は、アクションゲームの再生装置。 専用の方眼紙に描いたステージをカメラで取り込んで、自分だけのステージが作れるアプリです。

  1. 方眼紙を印刷する
  2. ステージを描く
  3. iPadのカメラで取り込む
  4. (たぶん微調整する)
  5. 遊ぶ!!!

動画を見たほうが早いです。

Kickstarterで資金を募っている段階なので、世に出るかどうかはまだわかりません。 ただ、動画を見る限り、既にかなりいい感じに仕上がっている様子です。

うほおおお!!!

おちつけよ、なんでそんなにテンション高いの

なんでこんなにテンションが上がるかって、子供の頃に夢見ていたものが、現実化しようとしているから。

動画の1シーンをお借りしてきました。 これから取り込もうとしている、手描きのステージです。

これがね、もう、小さい頃の記憶をグイグイと思い出させてくれるわけです。 中学1年あたりに描いたものを引っぱりだしてきました。

ね、何となく似てるでしょ? 自分だけのすごいゲームをつくりたいと思って、プログラマを目指したんだよなぁ…とか、色々思い出してしまいました。

遊び心をくすぐられたそこのあなた、いますぐ出資だ!

(追記: 出資してみた)

小さい頃の夢に投資してみるのもいいじゃない。ということで、$6のコースを選択。

達成したら、プロフィール画面に表示する “Backer” バッジがもらえるそうです。

がんばれ〜

書いている人:cocopon

Developer/Designer. Web/iOSなどのフロントエンドを主軸に、UIデザインから開発全般まで手がける。

趣味が高じて、ドット絵やジェネラティブアートが仕事になりつつある。