数年ぶりに買ったペンケース、シンプルで気持ちいい手触り。

2013-04-14

ずっと使ってきた無印良品のペンケース、使い込みすぎて穴が空いてしまったので、ずっと引っ越し先を探していた。 でも、よいものがなかなか見つからない。

高級な革とか、ゴージャスな飾りはいらない。 すっと手になじむ、飾り気のないものが欲しかった。

休みに出かけるたび、文具屋のペンケースコーナーで悩む。 ぱっと見たところ、いい感じのものはたくさんある。

「これでもいいんだけど…」

色合いや、他の要素がちょっとだけ引っかかる。 10分ほど悩んで、結局買わない。 そんな日が続いていた。

そして今日もまた、何気なく文具屋に立ち寄っていた。 そこで見つけたペンケースに、しばらく目が惹きつけられる。

少し予算オーバーだけど…また10分ほど悩み、結局買ってしまった。

このとおり、店頭ではかなり埃をかぶっていた。 長いこと放っておかれていたのだろうか。

でも、外観や持ったときの感触に、これ以上なく惹きつけられた。 財布の中身との相談が終われば、あとは迷うことなくレジまで持っていった。

家に帰って、埃を落としてやる。

うん、いい感じ。

理由はうまく説明できない。 何となく、「あぁ、これがいい」って思った。

こういう選び方も、たまにはいいでしょ。

また数年、大事に使います。

COLOR CHART

このCOLOR CHART、伊東屋という文具屋のオリジナルブランドとのこと。

Amazonで取り扱いがあるのは、違う形のペンケースみたいです。 こちらのタイプもいいですね。

書いている人:cocopon

Developer/Designer. Web/iOSなどのフロントエンドを主軸に、UIデザインから開発全般まで手がける。

趣味が高じて、ドット絵やジェネラティブアートが仕事になりつつある。