ここぽんのーと

コードとデザインの境界に生きるエンジニアの、雑多な記録帳。

[Swift] 「手を動かしながら、ていねいに学ぶOptional」を作成しました

2017/03/27, cocopon

やや唐突ですが、「手を動かしながら、ていねいに学ぶOptional」という題で、SwiftのOptionalを学習するためのPlaygroundを作成してみました。

書いたコードがその場で動く「Playground」を利用して、実際に手を動かしながら、SwiftのOptionalについて学ぶことができます。

もくじ

現時点でのコンテンツはこんな感じです。

  • はじめに — なぜOptionalが必要なのか?
  • Optionalってどんなもの?
  • Optionalに対する操作
  • Optionalのもう少し高度な操作
  • 暗黙的なunwrap

対象読者

対象読者はこんな感じです。

  • Swift初学者
  • Objective-CのころからiOS戦国時代を生き抜いてきたけど、Swiftに苦戦している人
  • 「!」とか「?」とか、Xcodeからおすすめされるままにつけてしまう人
  • 俺たちは雰囲気でSwiftをやっている」な人

既存の資料が抱えている問題点

個人的に、Swiftを利用したiOS開発についてサポートする機会がありまして、その際に利用できる資料を探していました。iOSの普及がかなり進んだ現在、資料自体は探しきれないほど見つかります。(もしかしたらその中に、この資料よりわかりやすい解説があるのかも…)

しかしながら、それぞれ問題点を抱えていて、なかなか難しいなぁと感じていました。

  • 英語である(読める人はよいけど、そういう人ばかりではない)
  • Swiftのバージョンが古い
  • 表現が専門的でむずかしい
  • 用語やサンプルに、本題とは関連のないむずかしい概念が出てくる
  • なぜその概念が必要か、説明されないまま機能の説明に入る

そんな問題点を解消しようとがんばって作ってみたのが、今回のPlaygroundです。対象読者のかた、これから教える立場のかた、…もしよろしければ参照してみてください。

ソースコードはGitHubに

ソースコードはGitHubにありますので、間違いや改善点などありましたら、お気軽にissueやpull requestを投げてくださいませ。