ここぽんのーと

コードとデザインの境界に生きるエンジニアの、雑多な記録帳。

Dashboardはまだ終わっていない…!開発・デザイン・ブログ書きに活用しよう

2012/11/26, cocopon

OS Xには、「Dashboard」という機能があります。
使ってますか?

使いたいときだけシュッと出てくる、小さなツール置き場です。

画面の角に割り当てておくと、ボタンを押さずにサッと使えて便利です。

デフォルトのDashboardには、ふせんやカレンダーなど、本当にちょっとしたものだけが揃っています。

これにWebで公開されているものを追加すれば、開発やデザイン、ブログ書きに、とっても便利に使えるのです。

今回は、いつもお世話になっているWidgetを2つご紹介します。

Screenshot Plus

Screenshot Plusは、その名のとおりスクリーンショットを撮るWidget。
このブログのスクリーンショットは、彼の支えがあってはじめて成り立つのです。

ボタンがいくつかありますね。
画面全体、ウィンドウ、ウィジェット…撮るものによって使い分けます。

自分が一番よく使うのが、画面中央の「ウィンドウをキャプチャ」。
画面上にあるウィンドウを影ごと、しかも背景透過でキャプチャしてくれます。
すばらしい!

beRuler

beRulerは、ピクセル単位の定規。
Dashboardの画面が半透明で重なることを利用した、ナイスアイディアな一品です。

測りたい画面を表示しておいて、重ねて測ります。

ふむふむ、Appleの製品バナーの幅は、だいたい240pxなんだぜ…。
という感じ。
矢印ボタンを押せば、縦方向もばっちり。

ちなみに、Dashboardの設定によっては、半透明で重ならず別のスペースに表示されてしまいます。
そんなときは、システム環境設定の「Mission Control > Dashboardを操作スペースとして表示」のチェックを外しておきましょう。

お気に入りのWidgetを探そう

デザインや開発に限らず、便利なWidgetはまだまだたくさんあるはず。
さぁ、あなただけのWidgetを探しに、Appleの公式サイトへ! ∠( ° ▽ ° )/