ここぽんのーと

コードとデザインの境界に生きるエンジニアの、雑多な記録帳。

「Generative Design」日本語版が発売されました

2016/02/25, cocopon
12742287_1092313484165442_5454939240262510702_n

監修を担当しました「Generative Design」の日本語版、一部の書店では先行販売されていましたが、ついに発売日となりました。おすすめポイントを交えつつ紹介させてください。

 

一冊備えておくと安心なSwiftの教科書「Swift 2標準ガイドブック」がSwift 2.1に対応

2015/11/30, cocopon
swift

Appleの生み出した新しいプログラミング言語「Swift」。歴史あるObjective-Cと比べて冗長な記述が少なく、流行りのスタイルがふんだんに取り込まれていて、書くのがとても楽しい言語です。 進化を続けるSwift […]

 

Unity初心者は3時間でどこまでGUIを作れるのか? — Unity UIデザインの教科書

2015/09/24, cocopon
cube

こんにちは。そろそろUnityを習得すべきという空気をひしひしと感じているcocoponです。今回は「Unity UIデザインの教科書」をお供に、Unity習得に挑戦してみることにしました。Unity初心者は、短時間でど […]

 

アプリを長ーく育てるためのTips集。「ヒットするiPhoneアプリの作り方・売り方・育て方」

2013/09/21, cocopon
motiv_cycle

タイトルから「稼げる」系の雰囲気を感じて少し警戒してしまいましたが、まったく違いました。ゴメンナサイ。 趣味でiOSアプリ開発をしている視点から、この本を読んでみました。

 

Lluminoができるまで(8) – フォント選びの深ーい世界

2013/07/16, cocopon
2013-04-22 07.42.41

ずいぶん間が空いてしまいました。前回は、苦しみながらもLluminoのアイコンを完成させたお話でした。 今回は、Lluminoで使っているフォントについてお話します。

 

Lluminoができるまで(7) – 最後の難関、アプリアイコンのデザイン

2013/06/05, cocopon
2013-03-22 08.01.06

前回は、履歴表示のUIがジッパーになるまでをお話しました。 今回は、アプリのアイコンが完成するまでのお話です。

 

iOSの最新動向をカバー。信頼の執筆者陣による、中上級者向けのiOS開発本

2013/05/30, cocopon

時代の流れとともに、iOSの開発環境も進化しています。 Objective-Cの言語仕様やフレームワークは洗練され、より簡単に、よりスマートにアプリが開発できるようになってきています。

 

人の無意識を導く「ふつう」の追求 – 深澤直人「デザインの輪郭」

2013/04/19, cocopon
DSC01027

深澤直人「デザインの輪郭」。 知人にオススメされたので読んでみた。